ディズニー英語システムの料金は?インターナショナルプレスクールとどっちが安い?

『ディズニー英語システムって高いって聞くけど、料金っていくらなの?』

イオンなどでもよくディズニー英語システムの説明用ブースなどが設けられたりしていますよね。

また小学校も英語が必須科目になって、英会話などの習い事が人気になってきています。

我が家では長女が生まれてディズニー英語システムを購入し、長男が3歳の頃に近くにインターナショナルプレスクールが開校したので、そちらにお世話になっています。

という事で、ディズニー英語システムの料金はいくらなのか?

またインターナショナルプレスクールに入れるのとではどちらの方が安いのか、比較してみることにしましょう。

比較方法

比較方法としては、インターナショナルプレスクールに年少で入園して卒園までの3年間の費用を。

ディズニー英語システムを1歳で購入して、小学校入学までの5年間の費用を。

ディズニー英語システムの計算をわかりやすくする為、一括購入した想定で計算させていただきます。(分割の場合利子が人によって変わってくる為)

インターナショナルプレスクールは私が通わせている所の値段を参考にしたので、場所によっては値段が全然違うことが予想されますので、そこはご承知おきください。

ディズニー英語システムの値段

まずディズニー英語システムの料金ですが、フルセット価格は981,200円(税込)となっています。

あと少しで100万円!!!

意外としますよねw

あっ!

ちなみにこれは現在の価格で、私が購入した6.7年前は858,900円(税込)でした!

しかし6.7年前の価格を参考にしても意味がないので、現在の価格で比較します。

ワールド・ファミリー・クラブの料金

ワールド・ファミリー・クラブとは、毎月のイベントに参加できたり、電話レッスンが受けれたり、教材の交換・修理のサービスが受けれたりします。

実際ほとんどのご家庭がこのワールド・ファミリー・クラブに入っているようです。

そしてワールド・ファミリー・クラブの値段が…

正会員ベイビー会員マタニティ会員
会費3,410円/月1,320円/月無料
対象長子が19ヶ月以上長子が18ヶ月まで長子を出産するまで

このようになっています。

これを1歳〜6歳で計算してみると…

192,060円

かかる計算になります。

実際小学校に入ってからも会員を継続する人がほとんどなので、さらにお金は掛かり続けますが!

イベントにかかる料金

そして毎月様々なイベントも開催されています。

このイベントも参加するには料金が発生します。

料金は以下のようになっています。

・大人:1600円(二人目以降:800円)
・子供:1060円(二人目以降:530円)

これもイベントにより料金が変わりますが、今回は週末イベントに月1回、両親+子供1人で参加した場合を仮定して計算してみます。

(1600円×12ヶ月)+(800円×12ヶ月)+(1060円×12ヶ月)=41,520円/年

41,520円×5年間=207,600円

5年間で207,600円かかる計算になります。

これを2ヶ月に1回にすれば5年間で103,800円になります。

イベントでも結構お金がかかるんですね!

ちなみにこれは週末イベントに参加した際の金額ですが、GO!GO!キッズというイベントや宿泊イベントもあり、そちらの方が参加料が高くなります。

インターナショナルプレスクールの料金

私の長男が通ってるインターナショナルプレスクールの場合は

・入学金:75,600円
・教材費:19,440円/年
・維持費:59,400円/年
・授業料:61,500円/月

このような感じになっています。

また早朝料金が20分250円、延長料金が20分200円となっています。

また給食を注文する場合1食280円となっています。

今回の比較は計算しやすいように、早朝料金、延長料金なし、弁当持参で給食費も0円という計算で行います。

金額比較

ではディズニー英語システムとインターナショナルプレスクールの金額比較をしてみることにしましょう。

ディズニー英語システム

【イベントに月1回参加した場合】

・購入価格:981,200円(一括購入の場合)
・ワールドファミリークラブ:192,060円(1歳〜6歳まで)
・イベント参加費用:207,600円(5年間で月1回両親と子供1人で参加した場合)

合計:1,280,860円

【イベントに全く参加しない場合】

・購入価格:981,200円(一括購入の場合)
・ワールドファミリークラブ:192,060円(1歳〜6歳まで)

合計:1,073,260円

インターナショナルプレスクール

【幼児教育・保育の無償化による補助金がない場合】

・入学金:75,600円
・教材費:19,440円/年×3年間=58,320
・維持費:59,400円/年×3年間=178,200
・授業料:61,500円/月×3年間(18ヶ月)=1,107,000

合計:1,419,120円

【幼児教育・保育の無償化による補助金がある場合】

・入学金:75,600円
・教材費:19,440円/年×3年間=58,320
・維持費:59,400円/年×3年間=178,200
・授業料:61,500円/月×3年間=1,107,000
・補助金:37,000円/月×3年間=▲666,000

合計:753,720円

結果として補助金が出る家庭であれば、インターナショナルプレスクールのが安いという結果になりました。

しかしこれはあくまで子供が一人の場合です。

インターナショナルプレスクールに2人、3人と入れるとなるとディズニー英語システムの方が安くなります。

ディズニー英語システムは購入してしまえば、子供が何人できようと勉強は出来ますからね。

ただイベント参加の費用がさらにかかってしまいますけど…。

でもこうやって見てみると、ディズニー英語システムはそこまで高くはない?のかなぁとは思いますけどね。

最後に

今回はディズニー英語システムとインターナショナルプレスクールの料金比較をしてきましたが、これはあくまで一つの参考としてみてもらえればと思います。

実際ほとんどの方がディズニー英語システムでは分割払いを選んでいる、イベントの参加回数が多い人もいれば、全然参加しない人もいる。

インターナショナルプレスクールに関しても、場所によっては金額も全然違うし、園によっては補助金(私のところは37,000円が無償化対象となっている)の金額が違う可能性がある。

また今回は延長料金を含みませんでしたが、延長料金を含めると金額はさらに上がります。

なので色々な条件によって金額が全然違う可能性があるということです。

英語を勉強させるにもお金がかかるということです。

ただ補助金は大きいですよね。

ほぼ半額近い金額でインターナショナルプレスクールに通えるんですから!

]]>